::LaLaとBaldoとYellと::

E.コッカースパニエル、ブルーローンのララ♀&ブラックのバルド♂とMDプードルエール♂の出来事
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPララ ≫ 原因の核心が少し

原因の核心が少し

私の悪い所で、気になるとずっと一つの事を考えてしまう。
ララのオビの競技の事もずっと考えた。
終わってからすぐに芽生えた気持ちは「底が見えた」。
何に対しての「底」なのかわからなかった。
ララが10才だから、ってところなのか自分の限界なのか。
ずっと考え続けて少し核心に近い気持ちがわかったような気がする。

ララが10才だから、なのではなく、「10才にもなるのに改善する事ができなかった」自分の技量・技術・センスのなさが現実だという事実があまりにも情けなく悲しかったんだ。
もう多分1年以上は基本姿勢の停座を直していたはず。
なのにそれを直せない。
脚側での離れもそう。
出陳前の集中も、何もかも全然改善する事ができなかった。
それをララのせいにできたらどんなに楽だろう。
その気持ちがあったからか、「ララも10才だし、自分のモチベーションが上がらない」っていう言い訳をしてしまった気がする。
そうじゃないんだ・・・・。
直せなかった自分の底が見えた。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ララ | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

No title
編集
だいぶ悩んでいるようだね。
なんて言うかなルーク世代前のコッカーって正直鈍感だったり器用じゃあなかったりするよね。
ビオラなんて桁違いのスピードで色々吸収してるように見えます。
人間が良いものを見て貪欲になっては行くけどそれは結果でしかなく、プロセスは水面下にあって競技当日は見えない。
漠然とすごいなって思う。
ただ水面下が本来は本質であり結果はただの状態なんだよね。
10歳のララの現状はやはりのっちの足跡そのものだと思う。
でもね、それでいいと思うんだ。
完璧な結果と状態だけが正解ではないよ。
それを目指すのも一つだけどやはり大事な事は身丈背丈の”自分達だけに分かる世界観”
誰と比べるかは絶対にしないララペアだからその中でララの状態こそがのっちそのもので僕は良いと思う。
楽しむって何?ってあえて聞き直したいよ。
2010年01月13日(Wed) 18:36
同感[i:63942]
編集
いやぁ~、るーくにぃさんのコメント、私自身にも置き換えさせてもらって、励みにしたいと思います。

私ものっちさんと同じ
Toyにスピードがないこと、離れられない、スタート待てない(殴)等々、先日の大阪Bの3拒絶も『なんか、今日のToy変』との責任にしてましたm(__)m

違うんだよね…すべて自分の結果
でも、それがいけないんじゃなくて、それをこの先どう方向を変えれるか?
そしてその段階を楽しめるか

なんか気が楽になったと言うか
ありがとう
2010年01月13日(Wed) 20:53
>るーくにぃ
編集
そうなのよーー。
だいぶ悩んでるっていうか凹んだって言うかv-393
るーくにぃの言ってくれてる事はものすごく理解できる。
自分もそのつもりで続けてきたんだけど、やっぱり競技会に出るって事は、
そこでいつもの全てが出せなければ競技会に出る意味がないって思うんだ。
だから、だったらもう競技会に出るって事に固執しなければいいのかな・・とか。
ただ、競技会に出なくても、例えば練習をしている1日目~9日目までは10割出来てても、
10日目に9割しか出来なければやっぱり10割ではないんだよな、って事も頭から離れない。
自分の能力を省みず、高望みしすぎだったのかな、とかもう、色んな考えがスパイラルになってぐるぐる回った。
今日になってもまだ今後どうするか答えを出せてない。
ただ、アジもオビも練習はこのまま続けていくと思う。
だって、両方とも私にとってはララとコミュニケーションを取るための手段に過ぎないから。
それはやっぱり止められないよねv-392
ホント、ありがとね。
2010年01月16日(Sat) 22:17
>やんさん
編集
あ~ん、ありがとうですv-406
やんさんとは似たような悩みを抱えてると(勝手に)思ってるから、
すっごく嬉しいです。
自分の事を棚に上げて言うのも何なんですが(笑)、でもやっぱり生き物、
その時の調子の浮き沈みはあって当たり前だよね、って思うんですよ。
終日テンションよく走ってくれる日もあればそうじゃない日もある。
毎回楽しくなさそうにされるとか同じ失敗ばっかりするんだったら
人間に何らかの原因があるのかも・・って思うんですが、
Toyちゃんの場合は明らかにそうじゃないですから。
犬種差と個体差は、こればっかりは人間の及ぶところじゃないしねぇ~。
似たような気質を持つワンコのオーナーとしては
彼ら彼女らに機嫌良く走って楽しんでもらえるよう、
こっちも負けじと楽しみましょうか!
励ましてもらってアリガトですv-343
2010年01月16日(Sat) 22:28
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年01月17日(Sun) 15:05
>鍵コメさん
編集
ありがとです。
ただ1点だけ。
こう見えて(笑)頭の隅にはいつもあるんですよ・・・。
だからこそトコトンまでやってみたい、とも。
ただの遊びなんだけどね(苦笑)
でね、やっぱりララが元気な間は続けなきゃいけないかな、って思えるようになりましたv-290
そしてしっかり「今」を楽しむことにしますv-290
今と将来のララと自分の為にも。
ありがとう。
2010年01月17日(Sun) 22:46












非公開コメントにする