TOPララ&バルド&エール ≫ 生ゴミ荒らし

生ゴミ荒らし

ヤラレたーー

今日はダンナは飲み会で帰りが遅い。
夕方、ご飯の前に先にお風呂に入って、と思い、少しの間だけだから大丈夫だろう、テーブルの上には何も出してないし、と思ったのが間違いだった・・・
お風呂から上がって体を拭いている時、扉の向こうで爪が床にあたってカチャカチャ鳴る音がした。
ララかバルドかどっちかな?
あの爪の音は「ララ?」とか言いながら扉を開けるとあ~たり
ララ~、お迎えに来てくれたの~?らぶり~と思って一緒に2Fに上がったけど、な~~んかヘン。
ま、まさか、何もないと思っていたテーブルの上から、醤油差しやらそういうものを落としたんじゃあるまいな、と目をやったけどどうもなってない。
なのにララは尻尾と腰を下げて明らかな愛想笑いをしている。
しかももう1頭の黒い方が居ない。
「3Fか?!」と階段を上がろうとしたらバルドが降りてきた。
こっちは全っ然普通。
「何なに?どっち?ララ?バルド?3F?何したん?」ともう一度問うとララは部屋の隅っこに行って、更なる愛想笑い。
あ~~や~~し~~い~~。
怪しさ120%!!
一方、バルドは相変わらずエヘエヘ笑ってるのみ。
そしてついと見やった生ゴミを入れるゴミ箱の前・・・
シェェェ!
し・しどいっ!!
こんな事したのはだぁれぇだーー
ララか?バルドか?
こういう時、真っ先に見るべきところ。
私も学んだわ。
それは耳。耳先!
犯人はバルド・・・。
口をこじ開けたら痕跡ありあり
幸い、その生ゴミの中には危なそうなものはなかったみたいだけど、でも・・・・。
どうしてこう、今までやった事ないような事を次々発見してくれるんだろう
もう絶対信用しない。

にほんブログ村 イングリッシュコッカースパニエル
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする