TOP胆管閉塞・膵炎 ≫ ララさん―胆管閉塞2

ララさん―胆管閉塞2

皮下点滴、来れるなら毎日でもいいですし1日置きでもいいので、って言われてたのでとりあえず日曜日にも連れて行き、次は水曜が病院休みなのでその前日の火曜日に連れて来ます、って言っていた。

明け方、ララがいつものように寝室でウロウロしだした。
ちょっと前なら「もう、こんな早くから何よ?鬱陶しいなぁ」って思っていたのに、こうなった今は「あ、生きてる」って思って安心した。現金なものだ。そしてそのまま朝まで寝てしまった。
起きて、枕元で寝てるララを見てシーツを見たらあちこち汚れてる。
「?口周りのよだれ?」と起き上がって部屋の入り口の板の間を見たら、血の塊みたいなのがたっぷりと落ちている!
血を吐いた?!と口周りと耳先を見たけどどこも汚れてない。じゃ、あれはどこから?!オシメしてるからお尻からのはずはないし、と思いながらひょっとお尻あげたら尻尾の穴が汚れてる。じゃあ下血なの?!どっちにしろ、とうとうお別れの時間が来てしまったんだ、とりあえず朝一の病院へ連れて行こう、先生に痛み止めのパッチをだしてもらうか注射をしてもらいに。

病院へ着いて先生に事情を説明したら「詰まってたものが流れたんじゃないかな」って言いながら血液検査をしたら、ALTとALPはまだ高いままだけど、総ビリルビンが下がってて、ASTもALTも下がってて一応生命の危機は脱した感じ!
ララち〜!一体あんたは何回覚悟させたら気が済むのーー!
でも良かった〜。神様ありがとう。

先生は、今回ララに施した処置は通常の胆管閉塞の治療とは違うので、「うちのコは手術しないでこれで治った、とは言わないように」って言われた。
うん、本当にそう。
だって選択したのは「厳しい手術が出来ないのなら、出来るだけ痛い・苦しいを取り去るだけのために」お願いした手段だったから。
こういう結果になる事はたまにはあるみたいだけど、そうなるのは本当にそのコの持ってる運とかそういうものだそう。
だからララちは本当に運が良かった、生命力が強かった、って事なんだろうな。

まだ胆管系の数値が高いままだから諸手を挙げて万歳、というわけにはいかないし、点滴もまだ続けたほうが良いとの事なのでしばらく通わないといけないけど、もうちょっと生きてられる、って!良かったよ、ララち。
150630_2.jpg
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする