TOPララ ≫ GW―日野町のお祭り

GW―日野町のお祭り

5月3日(金・祝)憲法記念日、祖母の出身で今も伯父・伯母の住む滋賀県日野町のお祭りに行って来た。
祖母の居た頃は夏のお祭りにも来ていたし、この春のお祭りは毎年のように来ていた。
私が子供の頃は、今よりもっと交通事情が良くなくて、渋滞を避けるため前日から伯母の家に泊めてもらってた時期もある。
私にとって、身近なお祭りというのはご近所の氏神様の神社のお祭りしかなく、町を上げての大規模なのはここのお祭りしか知らない。
小さい頃から刷り込まれているからか、今でもここのお祭りが一番好き。
ケンカ祭りみたいに派手ではなく、全国的に有名なお祭りでもないけど、今年久しぶりに行ったらこれまでより観光の人がすごく多くなってて驚いた。
何かで取り上げられたのかな?

私も全然詳しくは無いのだけど・・・
(詳しくは「日野祭り」「日野観光協会」)
馬見岡綿向(うまみおかわたむき)神社に宮入している曳山
130503_01.jpg

伯父伯母の住む町の曳山
130503_02.jpg

神輿が一旦ここでお祓い?をされてたのかな?
130503_03.jpg

お宮さんから御旅所へ
130503_04.jpg

伯母の家の真ん前を通るので外に出なくてもOK
130503_05.jpg

130503_06.jpg

神馬。
昔から一番見るのを楽しみにしていた^^
130503_07.jpg

130503_08.jpg

辻で2基揃った曳山
130503_09.jpg

この左下の窓、「桟敷窓」というのだけど、この地域独特の風景。
勿論、このお祭りを家の中から見るためのもの。
この風景を含めてのこのお祭りが好き。
130503_18.jpg
(Photo byダンナ)

130503_13.jpg

130503_14.jpg

ここは祖母が居た頃はまだ写真館オンリーだったけど、今回行ったら喫茶を兼ねるようになってたみたい。
130503_15.jpg

曳山が入るところ
130503_10.jpg

この日、色々鑑みた結果、選抜でララだけお供。
(鑑みた内容
その1.渋滞で留守番が長引く可能性。そうなると室内トイレを使えないララが問題。
その2.3頭とも連れて行くと留守番させる車中が大変。
その3.伯父伯母の迷惑←これ、大事。)
130503_11.jpg

お祭り本体も勿論楽しみなんだけど、いつ行っても伯母がすごくたくさんのご馳走を用意してくれる。
これはこの地域の名物らしい「鯛そうめん」
130503_12.jpg
昔はなまり節で作っていたはず、と思ってたらやっぱりそうだったみたい。
でもそれも祖母が「鯛は勿体ない」っていう事で(笑)
だから本式にはやっぱり鯛。
どちらにしても私はこれが大好き!!
一度家で作ってみた事があるんだけど、似て非なるものが出来てしまった・・・

最後、渋滞が酷くなる前に、とこの日集合した親族一同で記念写真
130503_16.jpg
子供の頃、夏のお祭りに来た時に、この写真に写ってるちょっと年下の男の子と近所の神社に、虫カゴいっぱいのセミを取りに行った事を覚えてる。ヒ~
セミ、今では私の天敵なのに・・・ ̄皿 ̄;
スポンサーサイト
Comments (2) Trackbacks (-) | ララ

Comment

編集
歴史が浅い北海道にいるとね、こういう風景ってすごく良いな~って感じますぞ。
「桟敷窓」ってのは初めて聞いたけど、曳山が入るところとかが地元の風景に溶け込んでるし、参加する人達の気持ちが伝わって来ますな。ララも相変わらず可愛くて、すごくホッとした気持ちになりました。
ありがとさんです。
2013年05月05日(Sun) 23:50
>Blue&phoebeパパさん
編集
北海道の歴史っていつからになるんですかね?
明治になるんでしょうか?
でも私はあまり歴史が得意じゃないので、
身近にあっても価値がわからず勿体無い事してる気がします^^;

あとの2頭が可愛くないわけではないんですが、
どうしても何かというとララをエコ贔屓…;^_^A
1頭目は得ですね(笑)
2013年05月06日(Mon) 21:35












非公開コメントにする