TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

バルドを見直した件

8月最後の日、台風15号が我が家方面に到達する前に熱帯低気圧になった模様。
お陰さまで普通通り練習に行けた。

フィールド駐車場に時々生えてくるきのこ。
130831_01.jpg
毒はないのかなぁ?
なくても何でも食べるヤツらには注意注意

バルバルも太陽照ってないから?か元気
130831_02.jpg
(但し、私が納得するまで写真撮影に協力させられたため、練習よりそっちで疲れた様子

エールは写真無し。
う~~ん、やっぱり集中力に問題が
タッチ下りで止まってる時に動くものが目に入るとそっちに引っ張られる・・・
春から進歩してませんけどー?

先日ダンナのスマホの写真をPCに同期させたら、エールが去年4月頃(生後7ヶ月頃)の動画が。
(だいぶ長いので興味のある方のみどうぞ)

当時、バルドの鼻のてっぺんがハゲハゲになって、なんか感染症?とか心配したけど、改めてこの動画見たらそりゃこれを1日に5回も6回もされたらハゲもするわな、と納得。
バルドは面倒見がいいね(笑)
スポンサーサイト
Comments (2) Trackbacks (-) | バルド

遡って―川遊びPart.2―

今年もBBQ付き川遊び~!
130814_06.jpg
の為に、朝ご飯を控え目に(笑)

まずは早速川遊び。
エール君、自分のボールじゃありませんよ?
水の中で強引に奪ったら、シバきますよ?
130814_01.jpg

そうそう、そっちがキミの。
130814_02.jpg
相変わらず縦泳ぎで水飛沫が凄いですけど・・・。

ボールを持つとまぁマシになるけど、何で?
ひょっとして足着いてる?
130814_03.jpg

バルは相変わらず無理やり~~。
130814_04.jpg
この時、ララは既にお腹が緩かったので、出来るだけ水には入れず、バルドとエールもちょーっと怪しかったのであんまり水に入れたくなかったんだけど、若いしまぁ大丈夫かな、とも思い・・・

あ・・ララも水、飲んでる・・・。
130814_05.jpg

ら、その後病院送りになったゲーリーブラザーズ
130814_07.jpg
エールは完全復活したけど、バルドがまだなーーんかまだスッキリしないんだよねー。年の差?

今日、ララの鼻の中の細菌検査結果を聞いた。
1種類、出て来たらしいのだけど特殊な菌ではなく一般的で、もらってる抗生剤で大丈夫、との事でした。
月曜日の明け方?夜中?に出て以来止まってるので、もう大丈夫かな
ご心配お掛けしました。

遡って―お盆・帰省―

1ヶ月ほど前、エール用に初めておニューのリードをオーダーメイドで作っていただき、それがとっても綺麗で丈夫で使い勝手がよかったので、今度はララとバルドのを作っていただいた。
130810_01.jpg
上のブルー×ピンクがララの、下の黄色×ブルーがバルド。
エールは普段ハーフチョークなのでリード長さは少し短めに80cm、ララとバルドは普通のカラーなので100cm。
普段のお散歩が割と人通り多いとこなので、このくらいが丁度いい。

3頭並んで。
130810_02.jpg
ララとバルドはブルーが、バルドとエールは黄色が共通色。
ララとエールの共通色は無し^^;
STUDIO-9MCさん

で、今年はちょっと早めにダンナ実家へ帰省。
今回も特に何をする事もなく、というか、犬達だけで留守番させる事が出来ないので私はお墓に行く事も出来ず犬達と留守番
130810_03.jpg

130810_04.jpg

このヒト↓家に居るより聞き分け良く驚いたのだけど、ヒマになったらダンナの足を執拗に、本当にしつこく舐めまくる。
しかもウットリ!!
その様子を写真に撮ったのだけど、あまりにも気持ち悪い美しくないので自粛して差替え。
130810_05.jpg

パーフェクトな夏空。
130810_06.jpg

鼻血

今年もBBQ付き川遊び(川遊び付きBBQとも言う)にお誘いいただいたので、前回の記事の次はこれ!と思っていたけど、それより先に・・・。

その楽しかった川遊びが終わった週末金曜日の夜。
いつものように先にララにご飯を上げて、上の階でバルドとエールのご飯を上げた。
バル達の食べ終わるのを待って下に降りかけると父親とダンナの声。
「?」と思って扉を開けるとダンナが「鼻血!鼻血!ララが鼻血出してる!!」と。
年を取って来て、鼻先が乾いて切れ、血が出てる事がこれまでからあったのでそれでしょ?と言うと違う、と言うので見てみると・・・
確かに・・そんな量の鼻血じゃない
ティッシュで拭いても拭いても左の鼻から次から次へと溢れてくる。
とっさに時計を見たらいつもの病院は終わってる。
ダメ元で電話をしてみるも、やはり業務終了の案内。
もう1軒、川遊びから帰る途中、ララお腹緩かったのだけどいつもの病院が定休で、診てもらった病院の方へ電話をして、無理言って待っててもらう事に。
大慌てで連れて行く間も車の中でまだ少し出てくる。
30分後、病院へ着いた時には止まっていて、診察してもらうも腫瘍ではなさそうだし、歯も歯周病?これ?かなぁ?な感じ。
老犬の鼻血は歯周病から来る事が多いと言われつつ、説明受けてる間にフト、そう言えばご飯の時、いつもの喜びの舞いを踊っていて振り向きざまゴミ箱の角にぶつけてたなぁ、と思い出し、先生に「外傷って事もありますか?」と聞くとそれもある、と。でもプラスチックだし・・・と思いつつ、とりあえず止血剤と抗生物質を出していただき、会計を待つ。
間に、くしゃみしたらまたもや飛び散るひあぁ、先生ゴメンなさい。
ララぁ、大丈夫?
130816.jpg

待ってられず会計の所で薬を飲ませるも、頭の中ではきっと鼻腔内腫瘍に違いない、と勝手に決め付け。
ネットで「犬 鼻血」「犬 鼻腔内 腫瘍」とか検索しまくり。
大体「犬は鼻血をほとんど出しません」と書かれてあり、不安感増大。

次の日の昼過ぎまでとりあえず収まっていたけど、午後から出かける予定で、このまま大丈夫かな?と思いながら昼寝してるララを見に行くと、やっぱり左側から血が出かかってる
ティッシュで拭きとろうとしたら目を覚まし、今度は昨日より多い出血量で右からも溢れて来た
もう、不安で不安で出かける予定をキャンセル、午後一の診察時間前にいつもの病院へ駆け込み経過を主治医に話す。
血液検査と尿検査、レントゲンを撮ったものの、レントゲンに怪しそうなものは写らず。
血液検査では出血に伴う数値が上下していて、若干貧血気味。
先生がこのまま出血が続く場合、ひどいと失血死の可能性もあるとの事で、もうこのまま収まってくれないと確定する前に・・・とまたまた不安に。
レントゲンも、写るものには限界があるので、詳しく診るにはCTとの事だけど、それには別病院で撮ってもらう必要がある。ので、先生のところからネオベッツさんへ予約をしてもらう事に。
夜、先生の所から電話をもらい、最短で12日後との事。
本当は明日にでも撮ってもらいたかったけど、仕方が無い、それでお願いした。

日曜日、久しぶりに朝ゆっくり起きるとララとダンナはもう部屋に居ない。
ララがまた寝てる間に出血してたんじゃないか、と心配になって寝てたであろう場所を見ると、やっぱり血痕が
もうダメだ、これ以上待ってられない!!
朝一の診察時間を待つ間、どこか他にCT撮ってもらえそうな病院が無いか検索したら、数軒あったのでピックアップ。
診察時間になり、病院へ電話をし、こういう状態なのでCTを早めてもらえないか問い合わせてみたら、こちらから聞いてみた方がいいかも、との事で直接ネオベッツさんの方へ電話を入れるも、やっぱり無理だと言われ、折り返し掛かり付けの病院へ事情を説明、予めピックアップしておいた病院の一つ、「堀江動物医療センター」さんの事を伝える。
ここの病院のHPを見ると、画像検査をこちらでして、治療を元の病院で行う事も可能、と書かれていたのが私の希望通りだったので、先生にもその旨伝え問い合わせて頂くようにお願いをする。
折り返しすぐ先生から電話があり、ここだと今日すぐに撮れますと言われた、との事だったので即「ここに行きます」と。
ただ、ご飯を7時半頃に上げてしまったのでどうかなぁ?と先生に言うと、それも含めて1回来て欲しい、との事だそうでララを連れて行く事に。

そちらの先生にも経緯を話すと、「じゃお預かりしますね」と
え?も・もう?
ダンナが「このコ、分離不安ですごい鳴いてご迷惑お掛けすると思うんですけど・・・」と言うとニッコリ笑って「大丈夫ですよ」と言われるも、エレベーターで降りつつある時にすでに鳴き声が・・・

家に帰って待ってる間も私の中ではもう腫瘍と決めつけ、真っ青な夏空を家の中から見ながら、今後どういう方向で、どこで放射線治療をするか、どういう経過になって行くのか、来月のララのお誕生日は迎える事が出来るのかなどの考えが次から次へと出て来ては、涙が出てきたり

そうこうしてるうちに午後の診察時間前に病院から電話があり、担当の先生が「ララちゃん、CT・MRIの結果、どこにも腫瘍はありませんでした。」と一報。
良かった~~
ホントに良かった。
ら、次に麻酔から醒めたララが泣き喚いて他の患畜さんの迷惑になるんじゃないか、と心配したら「大丈夫ですよ、6時ごろのお迎えで大丈夫です。その時に画像見て、詳しくご説明します。」と言われたので時間通りお迎えに。

画像見ながらの説明では、掛かり付けの先生がレントゲンの時に話してくれた事とほぼ同じで、鼻腔・副鼻腔内のどこにも腫瘍や液体のような影は全くなく、骨にも何ら異常は認められない。歯の方も骨には全く異常はない、頭や体の中のどこかからの出血の有無を見るのにMRIも撮ったけれど、脳の委縮も肺も肝臓も何もなく問題なし。脾臓に結節が数個出来ているけど、これは正常な範囲の物で問題ない、ただ、首と背中の脊椎に若干ヘルニアがあるものの、今後これが原因で若干痛みが出る事があるかもしれないが、立てなくなったりする可能性はほとんどない、との事だった。
あとは鼻血の原因。
一応細菌培養の為に拭ってはみたものの、一見普通の鼻水しか取れなかったので、何も出てこない可能性がある、と言われ一応1週間後にその結果が出るらしいのだけど、今日、いつもの病院でしてもらった血液凝固作用の検査結果も問題なし、との連絡をいただいた。
来週の結果を待たないとまだ結論は出ないけど、もし何も出なかったら、考えられるのはやっぱりゴミ箱にぶつけた外傷?
確かに見えない方の左側、何の身構えもなくブチ当たったなら辺りどころが悪く血管が切れ、それが寝てる時に鼻が乾燥して、また塞がりかけてたところに亀裂が入る事があるのかもしれない。
それに年を取って来て粘膜や血管がもろくなって来てる事も関係あるのかな。
もしそうなら・・・何かビタミン系のサプリでも飲ませてあげた方がいいのかな?

とりあえずララちにはもう、飼い主の肝と財布を冷やすのはこれっきりにしてもらいたい
130819.jpg

参考
CT・MRI処置費
血管確保留置処置:1,570円
静脈点滴:3,150円
CT撮影料:18,900円
MRI撮影料:31,500円
CT造影料 ~8kg:8,400円
中型犬麻酔料(8kg~):8,400円
出血時点鼻薬(ホスミシン):1,050円
計 72,970円
病院の先生の説明はものすごく丁寧でわかりやすく、料金も良心的なんじゃないかな、と個人的に。
Comments (14) Trackbacks (-) | ララ

夏の思い出・・・はこれからが本番!

あまりに暑いので、今年もやっぱり川!
彼は泳ぎはさほど上手ではない(控え目)けど、水に入るのは厭わないタイプらしい。
130808_02.jpg

そして若干ストーカー気質
130808_03.jpg

しばらく遊んでたら寒くなって来たのか震え出してるのに、ボールを投げろとしつこい
「震えてるからしばらくダメ!」って言っても聞きゃしない。
バンバン飛びついて、Tシャツドロドロ
130808_04.jpg
相変わらず縦泳ぎ健在だけど、この写真はちょっとマトモに泳げてるように見えるので採用(笑)

そして数年前、10才越えてから水が平気になったこの方も、着くや否や自ら進んで入水。
130808_05.jpg

でも決して泳ぎはしないんだよね~
130808_06.jpg

水に浸かるandずっとウロウロandヒュンヒュン鼻鳴きしてるんだよね
130808_07.jpg
それでも足場のあまり良くない所を歩くのは、リハビリにはいいよね

でっ!
こらっ!
陸犬!
130808_08.jpg
「だってだって、ボクそんな野蛮な事イヤ~><足汚れるやん」>バルド

でもちょっとだけ勇気を出して・・・
130808_09.jpg

ここまで来てみた。
130808_10.jpg
「もうボクの精一杯。ボク頑張った!」>バルド

まま、そう言わず、せっかく来たんだからね。
130808_11.jpg

キミは我が家で一番綺麗なフォームで泳げるんだから。
130808_12.jpg
これから本番!