::LaLaとBaldoとYellと::

E.コッカースパニエル、ブルーローンのララ♀&ブラックのバルド♂とMDプードルエール♂の出来事




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

決定 :: 2011/04/24(Sun)

3月中旬~バイト先の引っ越し準備→後片付け→年度末→新年度の流れでここ半月ほどかなりお疲れ。
更にここ3日ほどはそれがピークに
毎日毎日「今日こそ休もう」「明日こそ休もう」と思いつつ、結局休めず週末に。
昨日はのおかげでどこにも出かけず、朝からお風呂入ったり、TVやPCを見たりやったり、ゴロゴロしたりマクドのメガてりやき食べたり、つまり1日ダラダラ過ごしていたら、今日はだいぶと楽になった。
だから、って訳ではなく5月15日の徳島の訓練競技会にララとまた出ようと思い立ち、心入れ替え最近復習を始めたので、本日様子をみてもらいに訓練所に行ってきた。
選択科目を何にしようかと考えあぐねた挙句、ダンベル持って歩く、に決定。
さてララちん、ちゃんと持ってくれるかなぁ~?
持ってくれず、口にねじ込む事になったらどうしよう~~。
ちゃんと離してくれるかなぁ~?
離してくれず、手ぇプルプルなったらどうしよう~~。
まっ、もうレクリエーションって事で笑って許してもらうことにするか(笑)

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:E.コッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. 服従訓練
  2. | comment:4

練習会 :: 2011/04/12(Tue)

東日本大震災の後、次々と競技会や展覧会が中止になっていた。
その事に関しては賛否両論ある。
ただうちは、申し込みをしているものに関して主催者がやると言えば参加するつもりでいたし、今後も実施される予定の競技会へは今まで通りに申し込みをするつもりでいる。
「普段通りの生活をする事が復興へ繋がる」っていう、かっこいい信念を持って動いている訳ではなく、ただ粛々と、ただ毎日被災された方達の事を考えながら、そして少しだけ頑張れば出来る事をして、過ごしているに過ぎない。

そんな日常の中、この週末に岐阜で行われた練習会に参加させていただいた。
申し込み時にはまだ震災は起きておらず、その後公式競技が中止になっていったので、どうなるのか、と思っていたけど、リトライ分を義援金にされる、と聞きララもバルドもどんなにイケテル(笑)走りであってもリトライしようと思っていた。

申し込み時、ここのところのバルドのタッチを競技会形式で確認したかったのでそれを課題の一つにしていた。
あとは毎度のテンション。

まずはバルド

岐阜アジリティークラブ練習会
バルドJP2


バルドAG2

バルドAG2リトライ

JP2→AG2→AG2リトライの順にテンションは良くなっていったように思う。
タッチは一時の事を思えば格段に良くなった。
ただ、シーソーは何だか怪しい。
ウォークももうちょっとしっかり止めたい。
でもAは100点かな~。
ま、それに驕らずこれからも精進してくれたまへ(笑)

そしてララ

ララAG1

珍しく、ウィングを倒した。
ヒヤッとしたけど、ララは何事もなかったように続けて走ってくれた。
随分時間が経ってから、「もしかして左目、やっぱり見えにくくてウィングわからなかったのかな・・・」と思った。
最近、ララと走る時いつも考える。
ハンドラーの走りは以前と同じでいいのだろうか?
もっとララに合わせて走ってあげた方がいいんじゃないんだろうか?と。

残念ながら、リトライしようと意気込んでいたのだけど、JP2とAG1はリトライの受付がなかったので、それほど大した寄付にならなかった。

この日は桜が満開。
(clickで大きくなります)
110410.jpg


今後も日本のあちこちでアジリティーを通してのチャリティーが行われる予定。
4月24日行われる横須賀でのイベント(ACT FOR JAPAN.311)にはちょっと行く事が出来ないけど、代りにTシャツを購入しようと行かれる予定の友人にお願いした。
このイベントはアジリティーだけではなく、他にも催し物があるようなので、もしお近くでご興味のある方は是非!

最後になりましたが、今回お世話になりました岐阜アジリティークラブの皆様、ありがとうございました

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村

テーマ:E.コッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. アジリティー
  2. | comment:8

うちのコ記念日 11年前 :: 2011/04/01(Fri)

11年前の今日、ララは突然我が家にやって来た。

犬を飼うのに”突然”とは、衝動買いのように思うけど、そうではなく逆にこちらが「今日からなの?!」って思うような出会いだった。
ララを迎えるに当たって、まずはこの日にお見合いをして、それから決めようと思っていたのだけど、連れて来てもらったその日にそのままうちのコになったもんだから、な~~んの準備も出来ていなかった。
ご飯はそれまで食べていたものを持って来て下さってたので、しばらくそれで大丈夫、寝る場所もクッションを一緒に持って来て下さってたので、これも大丈夫。
ただ、それ以外の、お皿も水入れもリードもカラーもな~~んもない。
急作りに水入れは丸いタッパーのふたを外したもの(そしてそれは現在にまで至る(笑))、お皿は人用に使ってたものをララ用にして、リードとカラーに至っては着物を着る時の紐で括ってお散歩をした(笑)

初めて会ったララは、オドオドして上目遣いでこちらを見る犬だった。
私と両親は「飼おうと思っていた犬の大きさよりちょっと大きいよなぁぁ」だった。
この時はダンナだけが可愛い!と思っていたようだ(笑)
ララを置いて帰られる時、ララはやっぱり後を追おうとしたのだけど、父親がミルクを与えたのでまんまとそれに気を取られる(笑)
しばらくの間、それまで居たおうちの人と年齢や服装が似た人がいると、ララはジッとそちらを見ていたのでララも初めの数ヶ月は不安だったんだろうな。
けれどそれは、それまで相当可愛がられていた証拠でもある。

その後の数ヶ月は来る日も来る日もうんちとおしっこ、留守中不安になったララによって破壊されたトイレシートと靴の破片を掃除する毎日。
しまいには、玄関の上がり框をガジガジにし、壁に穴開けて壁紙を天井まで破くというララ犬生最大の破壊をしてくれた

110401_1.jpg
110401_2.jpg
110401_3.jpg
110401_4.jpg

全部全部ほんの1ヶ月前位の事のように思い出せる。

私とダンナはララが来て、ものすごーーく世界が広がった。
そして犬の、飼い主に対する一途さ、一生懸命さ、理解力・洞察力・愛情の深さ、飼い主を信じる事に何の疑いも持たない純粋さを教えてくれた。
ララ、来てくれて本当にありがとう!
これからもこの日の事を思い出す時、出来る限り長い間、一緒に居てね。
でももし、この先いつかララが居なくなる日が来ても、この日の事、絶対覚えてるから。

110401_5.jpg

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村

テーマ:E.コッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. ララ
  2. | comment:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。