::LaLaとBaldoとYellと::

E.コッカースパニエル、ブルーローンのララ♀&ブラックのバルド♂とMDプードルエール♂の出来事




ララ 怪我 :: 2007/07/31(Tue)

共通テーマ:
イングリッシュ・コッカー・スパニエル テーマに参加中!

先週末のアジ練で、またまたバーを跳ばなくなった、と悩んでいたララ、ナントッ
後ろ左足を痛めてしまってたみたいなのだ・・・・

月曜日の朝、いつものようにお散歩に出かけようとするも、ララ、元気がない。
とりあえず家を出たけど歩きたがらない。
いつもだったら意気揚々と足取りも軽くタッタッタッタってほとんどトロットのような歩き方なのにこの日はノソノソ・・・って感じ。
途中で立ち止まったり。
歩き方を注意して見てみるとどうやら右後ろ脚がおかしいようにも見える。
家に帰ってきて、「さぁ!ごはん」になっても元気がない。
いつもだったら飛び上がって狂喜の舞を踊るのにそれもない。
かといってご飯を食べないか、っつうとそれはホレ、アレなもんでキチンと完食
やっぱりオカシイ。
気になった方の足を中心に一応4肢とも伸ばしたり縮めたりしたけどウンともスンとも言わず。
ひょっとして肢じゃなく、内臓か?!とも思ったけど、嘔吐も下痢もせず、この日のうんPもとっても良かった。
どっちにしても今朝は車がないので、夕方仕事から帰ってきて病院へ連れて行こう。

帰り、ちょびっと「家に帰ってララがグッタリしてたらどうしよう・・・」と不安を抱えながら帰宅するも、元気。
ただやっぱりケージから出した時に全然飛びついてこない。
両前肢を持って後ろ肢で立たせてみようとしたけど、立てないようで体重をなるべく後ろ肢にかけたくない様子。
そういえば、散歩から帰って肢を洗うときも前肢洗うのにいつもより体重掛けてて重かったなぁ・・・。
幸い車も戻ってきてたので、夕食の支度を母親にお願いしてそのまま病院へ。
診察台の上に乗せると、右後ろ肢を崩すように座ったので、AHTさんと「右肢かな?」と。
いつものように触診で先生が左肢の付け根に少し力を加えると、そこでララ痛そうにする。
続いて右の同じ箇所を触ったけどこちらには反応ナシ。
もう一度左肢の付け根に力を加えるとやっぱり痛そうに一瞬「ヒャン」と泣く。
念のためレントゲンを撮ってもらったけど、幸い股関節も膝も背骨にも異常はなし。
始めに先生に説明するときに、私が「ヘルニアだったら両肢に出てきますか?レントゲンでわかりますか?」と聞いたら「症状によって色々ですねぇ。両肢だったり片肢だったり、歩けなかったり少し痺れを感じるくらいだったり。きちんと調べようと思うんだったらレントゲンじゃなくCTとかMRIとかですね。」と。
ただ、レントゲン写真で見る限り石灰化も起こしてないし、背骨と背骨の間隔も均等だし、大丈夫でしょう、との事でひと安心
結局前回3年前とおんなじで、股関節部分の筋を痛めてるという診断で1週間分の消炎鎮痛剤を出してもらい、2週間の運動禁止。
短いお散歩や普段の家の中での移動、階段の下りは問題なし、上りもゆっくりだったら大丈夫らしい。

それにしてもララ、痛かったのに気が付かず、練習につき合わせてゴメンね・・・
ダメだなぁ~・・・私



スポンサーサイト

テーマ:E.コッカースパニエル - ジャンル:ペット

  1. ララ
  2. | comment:0