TOP ≫ CATEGORY ≫ 胆管閉塞・膵炎
CATEGORY ≫ 胆管閉塞・膵炎
       次ページ ≫

ララさん―胆管閉塞11と慢性膵炎

この日は約2週間ぶりに血液検査。
実はここのとこ、ドライのネコ餌への食い付きが以前に比べ少し良くなって来てて、もしかしてこれならイヌ用ドライの療養食、いけるかも?!と朝、実験のように少しあげてみると・・・
やったー!!
ララ、食べてくれたよーー!!
ほぼ1ヶ月振りに食べてくれたーー
ただ、う○Pがゆるゆるだから、きっと膵炎は残っちゃってるんだろうけどなぁ・・と思いつつ病院へ。

結果、予想通り慢性膵炎は残っちゃったけど、他の項目がもう、これならOKにしちゃってもいいんじゃない?ってとこまで戻って来てた!
総ビリルビンは0.2 mg/dl(基準値0.2~0.4)
ALTは241 IU/L(10~50)
GGT 36 IU/L(>10)
ALP 814 IU/L(10~50)
ALT、ALPはまだまだ高そうだけど、どっちも一時>3,000だった事を思えばもう、ここまで下がっただけでヨシとする。
後は膵炎のお薬と、ウルソを飲みながら、低脂肪の療養食を続けていく、点滴も食べれてる間はもうしなくてOK、って事に!
やったーー\(^0^)/
完全に良くなった訳ではなく、年齢が年齢だけにまた急変する事もあるかもだけど、とりあえず以前と変わらなく生活出来るのだったら充分!
ララさんも点滴の痛い思いしなくて済むしね。良かったね。
ララち、ほんとーーに良く頑張った!
し、やっぱりあんたはシブトイよ(笑)
150809.jpg
スポンサーサイト

ララさん―胆管閉塞10

そうそう、すっかり忘れてた!
実はこの夏もエールと二人で北海道の競技会&補習受講の予定だったんだよね。
そんでもってこの夏こそは、ララと現役一緒に走ってたテリア君と同じコースを、今度はエールと一緒に走るのも楽しみにしてた。
でもララさんこんな感じで、行ってて何かあってもすぐには帰って来れないし、それで万が一取り返しのつかない事にでもなったら一生後悔する、って思ってキャンセルしちゃった。
なもんで、北海道のお友達からはララに、ってエゾシカのジャーキーを、一緒のコースを走る予定だった友達からは甘~いとうもろこしを届けてくれた。気持ちもとっても嬉しい。ありがとう。
150730.jpg

ララさんここのところ、自分が犬って事忘れてるんじゃないの?ってくらいイヌ餌に興味持ってくれなくて、ドッグフード差し出すと「こんなイヌが食べるようなもん・・・」ってプイッと顔背けちゃう
ネコ餌もいつ食べるの嫌になっちゃう?な感じだったのに、これを差し出してみると、驚くぐらいの食べっぷり!
とってもたくさん送って下さったんだけど、流石にバルにも少しは食べさせてやりたいし、これONLYで一日の所要量を賄うのは難しそうだから、これをおじやにしてみたらどうかな?食い付き良くならないかな?って手作り食に変えてみたら・・・

ゴメン、ごめんて。イラン事してごめん、そのままの方が美味しかったね

ララさん―胆管閉塞9―と川遊び

ララさん、低空飛行の中で調子良さそうだったり悪そうだったり。
なかなかどっちにつかずで落ち着かない。
ちょくちょく血液検査もしてるけど、膵炎は相変わらず高値。
入院して1日点滴を数日続けてみるのもいいかも、って提案してくれてたんだけど、なんせララさん絶対入院無理だから、だから最初も手術は諦めた訳で・・・。
ただ、このままの状態はララにとっても私達にとってもキツイのはキツイ(気持ち的にもお財布的にもね)。
1日・・というか、朝預けて夕方お迎えくらいの点滴ならララもなんとか頑張れるかな?と1回こっきりのつもりで預ける事に。
もし途中でワンコラいい始めたら?って聞くと、ゆるい鎮静剤入れて、って事だったのでそれなら、って思い切って。
ララさん、頑張ってね。

で、夕方のお迎えまでの間、ぽっかり時間が空いちゃったので、バル達川遊びに連れて行く事に。
150725_2.jpg

お友達がちょっと前に誘ってくれたんだけど、ララの状態でキャンセルしちゃった事もあって、なかなか先の約束するのが申し訳なくて。
150725_3.jpg

今年の夏はもう水遊び無理かなー、って思ってた。
でもララの事に掛かりきりだから?!それとも季節の風物詩?だからかエールがまた後ろ足の毛をむしりまくって酷い事になりつつあったので、発散のためにも、って連れてく事に。
150725_4.jpg

んん~、どっちにとってもいい気分転換になったねー。
バル的には今年は水に入らなくて済む!って思ってたところ、災難だったみたいだけどね(笑)
150725_5.jpg

夕方お迎えに行くと、ララの声・・・ ̄w ̄;
中に入ると先生、グッタリ・・・
すすす・すみませーーん!!
やっぱりララさん、こんなけ調子悪くても預けられる時の大暴れ&吠えは健在だったのね・・・。
先生すびばせん
でも、ララさんも頑張ったね。
さ、おうちへ帰ろう。
150725_1.jpg

ララさん―胆管閉塞8―自宅点滴

病院にはほぼ1日おきに、行けない日は家で皮下点滴。
も…昨日ついにやっちゃった(>_<)
点滴入れる前の空気抜き、忘れちゃった~(>_<")
多少なら大丈夫、とは言われてたけど、その量が多少なのかどうなのか…(;゜゜)
私がダメージ与えてどうする!!
今日診てもらったら大丈夫だったみたいでホッ( -。-) =3
やっぱり手順のチェック表、作らんといかんかねぇ。
150723.jpg

ララさん―胆管閉塞7

このまま何も食べなかったら、本当に衰弱死か餓死しちゃうよ。
この2週間で2kgも体重減ってて、背骨も浮き上がってきてるのに…(TT)
昨日病院で、吐いていなくても食欲がないのなら飲ませていいって言われた吐き気止めを、朝食べてくれれば…と藁にもすがる思いで昨夜飲ませたのに、療養食のウェット缶はやっぱり食べない。
目力はまだ衰えてないし、食べたい気持ちはあるんだよね?

だったらさ、もう同じ死んじゃうんだったら、餓死するよりも、胆嚢が破裂しても膵臓が破裂しても、食べたいもん食べて死ぬ方が、ララ自身も私たちも後悔がないよね。
たまたま冷蔵庫に昨夜の残りで、ララの大好きなトマトが入ってた。
これじゃ何の足しにもならないけど、もし食べられるならこれでも、とあげてみたら食べてくれた!
それならじゃぁ、と、諸事情あって預かってたネコ餌の一つを拝借してみたら、久しぶりにモリモリ食べた!
それからすぐ近所のコンビニに走り、それまでだったら絶対あげない種類のウェット餌を数種類と、もしこれを食べなければ、と桃と生クリームたっぷりのどら焼きと、カスタードクリームたっぷりのタイ焼きも買って帰った。
ララちゃんはさ~ぁ、15年間ずっと療養食だったんだもん。
最後くらい思い切り食べたいもんを食べればいい。
あれダメこれダメって言わないよ。
と言いながら、なるたけシニア用や低脂肪って書いてあるものを選ぼうとしてる自分が嫌っ><
150712.jpg